マーケティングオートメーションという手法が開発された背景に迫る

購買行動のデジタル化並びにニーズの多種多様化

マーケティングオートメーションは、会社の営業に関する活動の一部分をシステムによってオートメーションし、投資利益率の最大化を目指すこと、或いはソフトウェアやツールになります。作り出された背景 として、購買アクションのデジタル化及び需要の多様化があげられます。 ネットが行き渡り、スマートデバイスが浸透したことを通して、クライアントはありとあらゆる情報を各自で入手できるようになっています。クライアントの購買アクションがデジタルへと転じ、対比までもネット上で実行できるようになっています。クライアントが対応するデータ量は増加し、スピードも上昇し続ける中で、会社の販売品やサービスの重要な情報を適正にスピーディーな提供をすることが求められています。 また、顧客はあらゆる情報を入手できるので、同時にニーズも多くなります。それに答えるため、マーケティングオートメーションが登場したといえるでしょう。

営業システムの役割の改革

購買アクションのデジタル化及び需要の多様化が進行すると共に、対応できる営業に関する活動が不可欠になっています。いままでのように手当たり次第に飛び込む方法やテレアポを何回もするのではなく、クライアントのテーマや移り変わる需要を意識し、仮説を立てて発案し、クライアントの心をつかむことが大切となります。 こういった背景から担当者は、デジタルで供する重要な情報の検証、改善などに素速いサイクルで取り掛かる必要性が生じたのです。営業社員も、交渉前にクライアントに関する仮説を立てる為の重要な情報が大事になってきます。 そのため、クライアント情報のシェアや市場活動の能率化を実現するためのシステムという形で、マーケティングオートメーションが考えられたといえます。