管理しやすい?サポート体制は?使いやすさも重要です!

マーケティングオペレーション導入の注意点

一昔前の営業活動、もしくは古い体質の企業では顧客データ等の管理はすべてエクセル等の簡単なソフトや紙媒体の顧客名簿等で管理して、必要なときに必要な情報をその都度集めて営業活動を進めていくスタイルです。ですが、昨今ではこうした作業をより効率化するためにマーケティングオートメーションが注目を集める様になりました。これは今まで行っていた営業上のデータを一元管理することによって、営業上のデータ管理の効率を上げます。また、ただデータを管理するのではなく、そこから見込みが高い顧客を統計的に分析することができます。こうした便利なツールですのですぐにでも導入したいと考える人もいますが、注意点もあります。それは利便性がサービスごとに異なることです。

利便性をしっかりと確認

こうした最新のソフトでサービスごとに仕様は大きく違ってきます。まず注意しなければならないことは使いやすさです。最近はシンプルで使いやすいデザインのサービスに人気が集まっています。ですが一昔前の仕様だと、もっと文字が多く時間をかけて見ていかないと分からないデザインになっています。こうしたデザインによって利便性が多く違うので注意が必要です。また、サポート体制も注目すべきです。利用している最中に分からない事があったときに、すぐに対応できるかは会社によって差があります。どのぐらいまで困ったときに助けてくれるのかをきちんと確認しておきましょう。こうしたサービスは一度利用し始めると簡単には乗換えが聞かないので慎重な決断が大切です。