今後マーケティングオートメーションはどう活用されていくのか?

マーケティングオートメーションはどこで、どうして生まれたのか

近年、日本でも定着しつつあるマーケティングオートメーションですが、これはいつどこで、どんな背景のもとに生まれたのでしょうか。マーケティングオートメーションは、1990年代前半、アメリカで生まれました。アメリカはマーケティングという概念をビジネスにいち早く取り入れた、マーケティング先進国と言われています。そんな背景もあり開発された手法ですが、その当時はあまり注目されませんでした。

注目を集めるようになったのは、アメリカで1999年に、それまでバラバラだったマーケティングに必要な機能をパッケージにした製品を発売し、それが大ヒットしたことにより火が付きました。その後インターネットの急速な普及でその流れはさらに加速し、2010年代半ばになって日本にも上陸しました。

さらなる活用が期待されるマーケティングオートメーションの今後

マーケティングオートメーションは、デジタルの範囲のみならずアナログマーケティングの分野にも活用の範囲が広がるなど、その活用される領域は年々幅広くなってきています。さらに企業の広報活動や戦略を立てていくためだけでなく、企業のIT投資という分野への活用やIoTなどとの連携など、今まで考えていなかった要素に対しても柔軟に対応しています。

今後はさらに、AIなどを搭載して、システム自身が学習し最善な策を導き出すという発展が予想されています。また、マーケティングに使用される項目が増えていくことにより、人間の手では取り扱えないようなデータ量になっていくことも予想されます。そんな時にもAIによる学習能力というものが重要視され、データの取捨選択もシステム自身が行っていくようになっていくことも予想されます。